体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

大胸筋(だいきょうきん)の解剖学コンディショニング

今日は、胸がまるまっている人向けの大胸筋の解剖学コンディショニングを紹介するよ。

猫背ような胸が丸くなっている姿勢と大胸筋は関係するんだね。

そうだよ。猫背のような胸側が縮こまってまるくなっている人は、もしかしたら大胸筋がこっているかもしれないよ。

それじゃ、胸がひろがる大胸筋の簡単解剖学コンディショニングをやってみよう!

まずは、腕を後ろにひいたときの

●胸のひらきやすさ

●腕のまわしやすさ

をチェックしてみよう。

肩からではなくて、肩甲骨から後ろにひくといいよ。

左右差も確認してみてね!

私は、左の腕を後ろにひいたとき、左胸がつっぱるような気がするわ

チェックしたら、胸がひらきにくかったり、腕がまわしにくかったりした方の大胸筋の解剖学コンディショニングをやってみるよ。

大胸筋は、胸骨や鎖骨と上腕骨をつないでいる大きな筋肉だよ。

この筋肉がわからない人は、大胸筋の形や位置を確認してからやってみよう!

大胸筋の形や位置を確認したら、この筋肉をイメージしながら胸の前でこの筋肉をおさえて、ゆっくり腕を肩甲骨から後ろに10回ひきましょう!

私は左の腕を後ろにひいたとき、左胸がつっぱったから、左の大胸筋の解剖学コンディショニングをしたらいいのね。

10回腕を肩甲骨から後ろにひいたら、ゆ〜っくり3回深呼吸しよう!

その間、

●筋肉がゆるむ感覚

●血液が流れてぽかぽかする心地よさ

を味わおう!

ほんとだ。筋肉がゆるんで、なんか胸のあたりがポカポカしてきて気持ちいいね。

しっかり、心地よさを味わったら、最初のチェックの時と同じように胸をひらいたり、腕をまわしてみて、胸のひらきやすさや胸の前のつっぱりが軽くなっているかどうかをチェックしてみよう。

胸のひらきやすさや胸の前のつっぱりが最初よりよくなっているのなら、大胸筋がこっていた可能性が高いので、1日3回、生活の中で大胸筋の解剖学コンディショニングを取り入れてみましょう!

大胸筋はこんな筋肉

大胸筋は腕を胸側に動かすときに活躍している筋肉だから、この筋肉に負担がかかりすぎてこってくると、胸側が縮こまって、胸をひらきにくくなったり、腕を後ろにまわしにくくなることが多いんだよ。

猫背や呼吸が浅い人はこの筋肉が関係していることが多いよ。

解剖学を学んで大胸筋をイメージできるようになると、胸のあたりに不調があるとき、自分でコンディショニングができるようになってとても役立つから、しっかりイメージできるようになっておこうね。

次回は、肩甲骨がかたまって腕があがらない人向けの解剖学コンディショニング、前鋸筋(ぜんきょきん)の解剖学コンディショニングを紹介するよ。