体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のまとめ

これまで、大腿四頭筋について学んできました。

最後はこの筋肉をまとめて見てみましょう。

大腿四頭筋の起始停止をみてみよう!

今回は大腿四頭筋を学んでいくよ。大腿四頭筋というのは、太ももの前についている4つの筋肉の総称だよ。

この名前のパターンは、前教えてもらった上腕二頭筋や上腕三頭筋と同じ、筋肉の数が名前の由来になってるパターンだね。太ももについている4つの筋肉からできているから、大腿四頭筋だよね。

その通り!だんだんと、筋肉の名前の覚え方も上手になってきたね。

お姉ちゃん!!すごいね!ほめられた!!

【大腿四頭筋はこんな筋肉のあつまり】

・大腿直筋(だいたいちょっきん)
・外側広筋(がいそくこうきん)
・中間広筋(ちゅうかんこうきん)
・内側広筋(ないそくこうきん)

太ももの前にはやっぱり4つも筋肉があるんでね。

そうだね。それぞれに名前がついてるけど、最初は全部覚えるのが大変だから、4つをまとめて大腿四頭筋として学んでいくよ。それじゃ、大腿四頭筋の起始停止を見てみよう!

起始:骨盤、大腿骨の前面
停止:膝のお皿と脛骨の上端

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

この筋肉は、4本のうち、1本が長くて、3本が短いのが特徴だよ。

イラストを見ながら、大腿四頭筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり大腿四頭筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

まずは、お腹側から見てみましょう。

次は、横から大腿四頭筋を見てみます。

大腿四頭筋は、横から見た方が、この筋肉がどの関節をまたいでついているかがイメージしやすいね。いろんな方向から筋肉を見た方が、筋肉を立体的にイメージできるようになるよ。

それじゃ、次は大腿四頭筋の作用を考えてみよう!。

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

大腿四頭筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事!繰り返しイメージするうちに、イメージ力が高まって、だんだんと自然に筋肉をイメージできるようになってくるよ。イメージ力は、見えない体の中を解剖学で見える化する時に必ず必要な力なんだよ。

大腿四頭筋の作用のヒント

大腿四頭筋は坐骨、大腿骨〜膝のお皿と脛骨についていて、またいでいる関節は股関節と膝関節だよ

大腿四頭筋の作用

筋肉の作用をみるときのポイント
  1. どの骨のどこについているか(起始停止)
  2. またいでいる関節

大腿四頭筋の起始は骨盤、大腿骨の前面で、停止は膝のお皿と脛骨の上端だよね。

そして、この筋肉がまたいでいるのは、股関節と膝関節!

そうだね。それじゃ、大腿四頭筋の作用を見ていこう!2つの関節をまたいでついてる筋肉だから、作用もいろいろ!3つの作用に分けて見ていくよ!

1つ目の作用は、脛骨が骨盤や大腿骨側に引っ張られて膝関節が動いた場合の作用です。

大腿四頭筋の作用 その1:膝関節を伸ばす

2つ目の作用は、同じように脛骨が骨盤側に引っ張られて股関節が動いた場合の作用です。

大腿四頭筋の作用 その2:股関節を曲げる

3つ目は、脛骨側に骨盤が引っ張られた場合の作用です。

大腿四頭筋の作用 その3:骨盤を前に傾ける

同じ筋肉の作用でも、どの骨が固定されていて、起始停止のどっちが動くかで作用も変わってくるんだ。

なかなか難しいわね。特に3つ目とか、よく分からないわ。

そうだね。1つ目の作用は分かりやすいけど、2つ目や3つ目は少し難しいかもね。少しずつイメージできるようになったらいいよ。

それじゃ、次は大腿四頭筋がどんな動きで使われているかを見てみよう!

大腿四頭筋はどんな動きで使っていますか?

大腿四頭筋の作用は3つ。膝関節を伸ばしたり、股関節を曲げたり、骨盤を前に傾けたりする作用だよね。

その通り!

例えば、ヨガのこんなポーズの時にも大腿四頭筋が働いています。

立ちこぎの時に使ってたんだね。そういえば、競輪の選手の太ももってすごく太いよね。あれは大腿四頭筋だったんだ。

そうか。階段や段差を登る時も膝を伸ばすから、大腿四頭筋が活躍してるんだ。

お年寄りが階段が辛くなるのはこの筋肉が弱ってきているからなのかな…。

だんだんと大腿四頭筋について分かってきたかな。それじゃ、最後は大腿四頭筋を意識しながら実際に動いてみよう!

動きながら筋肉を学ぶことで、解剖学ボディイメージのリアリティが一気に高まるぞ!

大腿四頭筋を意識して動いてみよう!

最後は大腿四頭筋を意識しながら実際に動いてみよう!

大腿四頭筋の作用は、膝関節を伸ばしたり、股関節を曲げたり、骨盤を前に傾ける作用だよね。

そうだね。しっかり筋肉をイメージして自分の体に意識を向けながら動いてみよう!

この脚を挙げる動きすると、太ももの前がつりそうになるのよね。

この動きは、膝を伸ばしながら股関節も曲げるので、とても大腿四頭筋を使う動きなんだよ。どんな時にこの筋肉を使うかが分かってくると、どの運動をしたら、この筋肉が鍛えることができるかも分かるのでトレーニングの時に役立つよ。

これまで、大腿四頭筋について学んできました。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズやスポーツ、生活の中でも股関節や膝関節をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

股関節や膝関節の動かしたい時、この筋肉をイメージしながら関節を動かしてみましょう。

そして、いつもの感覚や動きがどう変化するかを感じてみましょう。

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

今回は、大腿四頭筋を学んだぞ!

次回は、ふくらはぎについている下腿三頭筋(かたいさんとうきん)について学んでみよう!