体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

ハムストリングの起始停止を見てみよう!

今回はハムストリングを学んでいくよ。ハムストリングというのは、太ももの裏についている4つの筋肉の総称だよ。

なんか美味しそうな名前だね。

ハムは、みんなが大好きなあのハムのことだよ。ハムストリングは、「もも肉のひも」という意味で、昔、ハムをつくるためにお肉をつるす時に、この筋肉を使っていたことが名前の由来になってるんだ。

そんなんだ。名前の由来が面白いね!!

【ハムストリングはこんな筋肉のあつまり】

・大腿二頭筋長頭(だいたいにとうきんちょうとう)
・大腿二頭筋短頭(だいたいにとうきんたんとう)
・半膜様筋(はんまくようきん)
・半腱様筋(はんけんようきん)

太ももの裏には4つも筋肉があるんでね。

そうだね。それぞれに名前がついてるけど、最初は全部覚えるのが大変だから、4つをまとめてハムストリングとして学んでいくよ。それじゃ、ハムストリングの起始停止を見てみよう!

起始:坐骨、大腿骨の後面
停止:脛骨と腓骨の上端

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

この筋肉は、4本のうち、3本が長くて、1本だけ短いのが特徴だよ。

イラストを見ながら、ハムストリングの形と位置を確認しよう。まずは、しっかりハムストリングを見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

まずは、背中側から見てみましょう。

次は、横からハムストリングを見てみます。

ハムストリングは、横から見た方が、この筋肉がどの関節をまたいでついているかがイメージしやすいね。いろんな方向から筋肉を見た方が、筋肉を立体的にイメージできるようになるよ。

それじゃ、次はハムストリングの作用を考えてみよう!。

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

ハムストリングは、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事!繰り返しイメージするうちに、イメージ力が高まって、だんだんと自然に筋肉をイメージできるようになってくるよ。イメージ力は、見えない体の中を解剖学で見える化する時に必ず必要な力なんだよ。

それじゃ、次はハムストリングの作用を見てみよう!

ハムストリングの作用のヒント

ハムストリングは坐骨、大腿骨〜脛骨、腓骨についていて、またいでいる関節は股関節と膝関節だよ