体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

骨盤をさわってみよう!

今回は、骨盤をさわってみよう!骨の解剖学ボディイメージをつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で骨を見ただけだと、なんだか実感がわかないし、体のどこにその骨があるのかいまいちわからないよね。

そうだね!でも、自分の体で触わって感じることで、骨に対してのリアリティが一気に高まるからしっかり触っていこうね!

骨盤は、肋骨の下にあります。

肋骨をさわって、そこから手を下にずらしてていくと、ウエスト部分は骨がないのでプニプニています。

そこからさらに手を下にずらしていくと、手が骨盤にあたります。

骨盤は、硬いのでコツコツしています。

このお肉のプニプニしたかんじと、骨のコツコツしたかんじの違いを指で感じ取ることで、骨や筋肉をさわることができるようになります。

骨盤をみつかたら、そこから手を前後にずらして、骨盤の輪郭をさわって確認してみましょう。

骨盤のこの部分には、腹筋がつくので、腹筋をしっかり使ってスポーツをするときや、腹筋を鍛えるトレーニングをするときに、この部分のボディイメージが大切になります。

骨盤は有名な骨ですが、いくつかの骨が組み合わさってできているので、かたちはけっこう複雑です。

骨盤のかたちをイメージするとさわりやすくなるので、骨盤がイメージできない人は、まずは、骨盤をみて、しっかりイメージしながらさわってみましょう。

骨をさわるときのポイント

・骨のでっぱりや輪郭をさわる

・骨と筋肉の違いを感じる

骨盤はさわれたかな。次は背中についている三角の骨、肩甲骨の解剖学ボディイメージをつくっていくよ!まずは、肩甲骨の場所と形を知ることが大事だから、しっかり肩甲骨を見てみよう!