体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

棘上筋(きょくじょうきん)の解剖学コンディショニング

今日は、「肩が痛くて腕があがらないよ。」という人向けの棘上筋の解剖学コンディショニングを紹介するよ。

バンザイする時に肩に痛みが出る人けっこう多いよね。

肩が痛くて腕があがらない人はもしかしたら、肩の奥についている棘上筋がこっているかもしれないよ。

それじゃ、肩が楽になる棘上筋の簡単解剖学コンディショニングをやってみよう!

まずは、バンザイをしたときの

●腕のあがりやすさ

●肩の痛み

をチェックしてみよう。

左右差も確認してみてね!

私は、右肩の方が少しあがりにくいような気がするわ

チェックしたら、腕のあがりにくさや痛みがあった方の棘上筋の解剖学コンディショニングをやってみるよ。

棘上筋は、肩甲骨の背中側に突起の上についている筋肉だよ。

この筋肉がわからない人は、棘上筋の形と位置を確認してからやってみよう!

棘上筋の形と位置を確認したら、この筋肉をイメージしながら棘上筋を手で押さえて、ゆっくり腕を10回あがさげしてみよう!

私は右腕が少しあがりにくかったから、右の棘上筋の解剖学コンディショニングをしたらいいのね。

10回腕をあげさげしたら、ゆ〜っくり3回深呼吸しよう!

その間、

●筋肉がゆるむ感覚

●血液が流れてぽかぽかする心地よさ

を味わおう!

ほんとだ。筋肉がゆるんで肩周りがあったかくなって気持ちいいね。

しっかり心地よさを味わったら、最初のチェックの時と同じようにバンザイしてみて、腕のあがりやすさや肩の痛みが軽くなっているかどうかをチェックしてみよう。

腕の上がりやすさや痛みが最初よりよくなっているのなら、棘上筋がこっていた可能性が高いので、1日3回、生活の中で棘上筋の解剖学コンディショニングを取り入れてみましょう!

棘上筋はこんな筋肉

棘上筋は腕をあげるときに肩の奥で活躍している筋肉だから、この筋肉に負担がかかりすぎてこってくると、腕をあげにくくなったり、腕をあげるときに痛みや重だるさ、張りなんかの不快な症状がでることが多いんだよ。

四十肩や五十肩のような症状にも関係していることが多い筋肉だ。

解剖学を学んで棘上筋をイメージできるようになると肩に不調があるとき、自分でコンディショニングができるようになってとても役立つから、しっかり棘上筋をイメージできるようになっておこうね。

次回も、肩があがらない人向けの解剖学コンディショニング、三角筋(さんかくきん)の解剖学コンディショニングを紹介するよ