体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

大殿筋(だいでんきん)の起始停止を見てみよう!

今回からお尻についているアウターマッスル、大殿筋について学んでいくよ。

待ってたわよ、プリケツ大殿筋ね。

よく知ってたね。この筋肉は、お尻の丸みを作っている筋肉だよ。

知ってたわ。さー、早く教えてちょうだい。

ついにお姉ちゃんが本気になったね。

それじゃ、大殿筋の起始停止を見ていくよ!筋肉を立体的にイメージできるようになるために、まずは大殿筋を背中側から見てみよう!

起始 : 骨盤の背中側
停止 : 大腿骨後面、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

イラストを見ながら、大殿筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり大殿筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

次は、大殿筋の起始停止を横から見てみよう!

横からみた時、骨盤のお腹側についている筋肉は、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)といって別な筋肉だから間違わないように注意してね。この筋肉は、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)という靭帯につながっていて、この靭帯にも大殿筋がつながっているんだ。

大殿筋は、横から見た時のお尻側の筋肉だけってことだね。

その通り。それじゃ、次は大殿筋の作用を考えてみよう!

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

大殿筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

そうそう。そんな風に、起始停止をイメージしながらどんな作用になるか考えてみようね。最初は作用を考えるのは難しいだろうけど、答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事だよ。それじゃ、大殿筋の作用を見てみよう!

大殿筋の作用のヒント

大殿筋がまたいでる関節は股関節なので、作用は股関節の動きになるよ