体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

大胸筋(だいきょうきん)をみてみよう!

今回は、大胸筋をみてみよう。

筋肉の解剖学ボディイメージをつくるためには、まずは、イメージできるようになりたい筋肉をしっかり見て、その筋肉の場所と形を知ることが最初のステップになるよ。

筋肉って体の外からは見えないからね。場所や形を知らないとイメージできないよね。まずは、その筋肉をしっかり見て、場所と形を知ることが大事なんだね。

今回は、大胸筋をみてみましょう。

大胸筋は、胸板をつくっているとても有名な筋肉です。

腕を胸の方にまげたり、内側にひねったりする作用があります。

胸側は鎖骨(さこつ)や胸の骨、腹筋といった多くの部位にくっついているため幅が広く、腕側は上腕骨の前側の一箇所に集まっているので、細くなっています。

扇のようなかたちに似ています。

次は、大胸筋の解剖学ボディイメージをもっとリアルにするために、自分の体で大胸筋を触ってみよう!