体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

大胸筋(だいきょうきん)をさわってみよう!

今回は、大胸筋を触ってみましょう。筋肉の解剖学ボディイメージつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で見ただけだと、実感がわかないし、体のどこについているのかいまいち分からないよね。

大胸筋は胸から腕にかけてついている扇形のかたちをした筋肉だよ。

この筋肉の場所や形がイメージできない人は、まずは大胸筋の場所と形を確認してから触ってみようね。

今回は、大胸筋をさわってみましょう。

大胸筋は胸から腕にかけてついている扇形のかたちをした筋肉です。

腕を胸の方に動かしたり、内ひねりをする作用があるので、イラストの矢印のように動かしながらこの筋肉をさわってみましょう。

筋肉を触ることができるようになると、筋肉の状態把握、マッサージやストレッチのようなコンディショニングをするときに役立ちます。

デスクワークなどで巻き肩や猫背の姿勢が長時間続くような作業をしていると、この筋肉が縮こまって硬くなっていることが多いです。

次は、肩についていて腕の上げるときにいつも活躍している三角筋(さんかくきん)の解剖学ボディイメージをつくっていこう!最初のステップは、三角筋をしっかり見て、イメージ力の元になる三角筋の場所と形を知ることから始めていくよ!