体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

骨の名前クイズ|14問目|腕の骨

今回は腕の骨の名前クイズにチャレンジしてみよう!

今回は腕の骨クイズです。

上の画像の骨の名前はなんでしょうか。

ヒントは前腕部分についている骨です。

前腕部分には、2本の細長い骨があります。この骨は、その2本の骨のうちの小指側の骨になります。

えーと、えーと、喉のここまで答えが出てきてるのよ!えーと,,,

前腕には2本の骨があるからね。どっちがどっちか分からなくなることがけっこうあるよね。それじゃ、答えを見てみようね!

尺骨(しゃっこつ)

上の画像は尺骨を横からみています。

肘側が太く、手首側が細くなっています。六角レンチのようなかたちをしています。イメージつくりの参考にしてください。

尺骨は、上腕骨と手の骨をつないでいます。

前腕には2本の骨があるといいましたが、親指側についている骨は橈骨(とうこつ)といいます。セットで覚えておきましょう。

この2本の骨の動きは手のひらをくるくる回すような動きの時に、とても重要になります。

例えば、ドアノブを回したり、スプーンで食べ物をすくう動きです。

他の骨とくみあわせてみると下のイラストのようになります。どの位置に尺骨があるのかを確認しておきましょう。

イラストをみて、この骨をイメージして手のひらを上にしたり下にしたりして、前腕を回してみましょう。

そして、自分のからだで骨が動くのを感じてみてください。

自分のからだを感じながら観察することで、解剖学ボディイメージのリアリティが高まります。そして、それが観察力アップにつながります。

腕の骨クイズ、正解できたかな?それじゃ、次の問題にチャレンジしてみよう!

喉まででてきてたのね…、次は正解してみせるわ!