体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の作用を見てみよう!

前回の記事ー「上腕三頭筋の起始停止を見てみよう!

今回は、上腕三頭筋の作用を見てみるよ。

筋肉の作用をみるときのポイント
  1. どの骨のどこについているか(起始停止)
  2. またいでいる関節

上腕三頭筋の起始は肩甲骨と上腕後面、停止は尺骨(しゃっこつ)の後面肘側だよね。そして、この筋肉がまたいでいるのは、肘関節!

実はもっと正確に見ると、上腕三頭筋は肩関節もまたいでいるけど、肩の作用は少し分かりにくいんだ。だから今回は肘関節の作用に着目して見ていくぞ。

上腕三頭筋の作用 :肘関節を伸ばす

イラストをしっかり見て、上腕三頭筋の作用を確認してみましょう。

上腕三頭筋は肘関節をまたいでついてるから、この筋肉が縮むと、肘関節を伸ばす作用になるよ。

これは予想通り!だんだん、自分でも筋肉の作用が考えられるようになってきたわ。

いいね。筋肉のイメージから作用を考える習慣がついてくると、体を観察したり分析する時もとても役立つよ。

それじゃ、次は上腕三頭筋がどんな動きで使われているかを見てみよう!