体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

股関節内転筋群(こかんせつないてんきんぐん)をみてみよう!

今回は、股関節内転筋群をみてみよう。

筋肉の解剖学ボディイメージをつくるためには、まずは、イメージできるようになりたい筋肉をしっかり見て、その筋肉の場所と形を知ることが最初のステップになるよ。

筋肉って体の外からは見えないからね。場所や形を知らないとイメージできないよね。まずは、その筋肉をしっかり見て、場所と形を知ることが大事なんだね。

今回は、股関節内転筋群をみてみましょう。

股関節内転筋群は、太ももの内側についている筋肉です。

この部分にはたくさんの筋肉がついているので、いくつかの筋肉をまとめて股関節内転筋群といっています。

股関節内転筋群は、股関節をとじる作用があります。

股関節をとじる作用がある筋肉なので、逆に開脚のときにはストレッチされる筋肉です。

運動不足の人はこの筋肉が硬くなっていることも多いです。

筋肉をしっかりみてイメージしながらストレッチなどのトレーニングをすることで、なんとなく行うトレーニングより、効果や安全性を高めながらトレーニングに取り組むことができるようになります。

次は、股関節内転筋群の解剖学ボディイメージをもっとリアルにするために、自分の体で股関節内転筋群を触ってみよう!