体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

股関節内転筋群(こかんせつないてんきんぐん)をさわってみよう!

今回は、股関節内転筋群を触ってみましょう。筋肉の解剖学ボディイメージをつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で見ただけだと、実感がわかないし、体のどこについているのかいまいち分からないよね。

股関節内転筋群は太ももの内側についているいくつかの筋肉の総称です。

この筋肉の場所や形がイメージできない人は、まずは股関節内転筋群の場所と形を確認してから触ってみようね。

今回は、股関節内転筋群をさわってみましょう。

股関節内転筋群は太ももの内側についているいくつかの筋肉の総称です。

股関節を閉じる作用があります。

少し詳しくみていくと、閉じる作用だけでなく、股関節を曲げたり伸ばしたりする動きにも関係しています。

イラストのように太ももの内側に手をあてて、股関節を閉じながら、この筋肉が硬くなるのをさわって確認してみましょう。

開脚などのストレッチをするときに、この筋肉をイメージできると、より安全に効果的にとりくむことができるようになります。

筋肉が触れるようになると、マッサージやストレッチのようなコンディショニングをするときに、問題の筋肉へピンポイントにアプローチしやすくなるのでとても役立ちます。

次は、太ももの前についている長くて大きい筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の解剖学ボディイメージをつくっていこう!最初のステップは、大腿四頭筋をしっかり見て、イメージ力の元になる大腿四頭筋の場所と形を知ることから始めていくよ!