体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

三角筋(さんかくきん)の起始停止を見てみよう!

今回から肩についているアウターマッスル、三角筋について学んでいくよ。

三角筋って漢字で書くと三角の筋って名前だから、形が名前の由来になっているパターンだね。

そうだね。形が三角だから三角筋。この筋肉は覚えやすいね。

おー、お姉ちゃんがなんかできる女に見える…、僕の眼がどうかしたのかな…、いや、耳が…..

こいつ、あとでおしおき決定!

それじゃ、三角筋の起始停止を見てみよう!

起始:肩甲骨の突起と鎖骨の外側
停止;上腕骨の外側

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

イラストを見ながら、三角筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり三角筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

三角筋は、前回見た、僧帽筋なんかと比べると小さく見えるけど、実はけっこう大きな筋肉なんだよ。そして、鍛えるとメロンみたいに大きく丸くなるから、メロン筋って呼ばれることもあるんだよ。

そう、僕の肩はとっても美味しいメロンだよ。

あんた、いつからボディービルダーになったのよ。

それじゃ、次は三角筋の作用を考えてみよう!

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

三角筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

そうそう。そんな風に、起始停止をイメージしながらどんな作用になるか考えてみようね。最初は作用を考えるのは難しいだろうけど、答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事だよ。それじゃ、次は三角筋の作用を見てみよう!

三角筋の作用のヒント

三角筋は、肩のお腹側から背中側を包み込むようについているから、肩関節をいろんな方向に動かすよ