体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

背骨をさわってみよう!

今回は、背骨をさわってみよう!骨の解剖学ボディイメージをつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で骨を見ただけだと、なんだか実感がわかないし、体のどこにその骨があるのかいまいちわからないよね。

そうだね!でも、自分の体で触わって感じることで、骨に対してのリアリティが一気に高まるからしっかり触っていこうね!

背骨は、体の真ん中で頭や体を支えてくれていて、柱のような役割をしてくれてるよ。

横から見ると、英語のアルファベットの「S」の字のように弯曲した形をしてます。

背骨の背中側には、横からみると人の鼻のようなかたちをした突起がたくさんがあります。

背骨をさわることができるのは背中側なので、自分でさわりにくいときは、うつ伏せになって、家族や友達にさわってもらうのもいいです。

背骨のかたちをイメージするとさわりやすくなるので、背骨がイメージできない人は、まずは、背骨をみて、しっかりイメージしながらさわってみましょう。

骨をさわるときのポイント

・骨のでっぱりや輪郭をさわる

・骨と筋肉の違いを感じる

背骨はさわれたかな。次は、胸の部分についている肋骨の解剖学ボディイメージをつくっていくよ!まずは、肋骨の場所と形を知ることが大事だから、しっかり肋骨を見てみよう!