体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

僧帽筋(そうぼうきん)をさわってみよう!

今回は、僧帽筋を触ってみましょう。筋肉の解剖学ボディイメージつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で見ただけだと、実感がわかないし、体のどこについているのかいまいち分からないよね。

僧帽筋は首から肩部分のふくらみをつくっている筋肉だよ。

この筋肉の場所や形がイメージできない人は、まずは僧帽筋の場所と形を確認してから触ってみようね。

今回は、僧帽筋をさわってみましょう。

僧帽筋は背中の上部についていて、首から肩部分のふくらみをつくっている筋肉です。

肩甲骨を頭や背骨によせる作用があります。

自分で首と肩の間に手をあてて、肩甲骨を頭の方向にひき上げるようにうごかすと、筋肉が硬くもりあがってくるのがわかると思います。

この筋肉は背中の上部全体をおおっているとても大きな筋肉なので、真ん中や下の方の筋肉をさわりたいときは、イラストのようにペアワークでさわった方がわかりやすいです。

筋肉をさわることができるようになると、筋肉のこりやはりなどの筋肉の状態把握がしやすくなります。

筋肉の状態は人それぞれです。

いろいろな人の僧帽筋をさわることで、教科書をみるだけではわからない個人差もわかるようになってきます。

また、筋肉が触れるようになると、マッサージやストレッチのようなコンディショニングをするときに、問題の筋肉へピンポイントにアプローチしやすくなるのでとても役立ちます。

次は、お腹の真ん中についていてシックスパック筋として有名な腹直筋(ふくちょくきん)の解剖学ボディイメージをつくっていこう!最初のステップは、腹直筋をしっかり見て、イメージ力の元になる腹直筋の場所と形を知ることから始めていくよ!