体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

手の骨をさわってみよう!

今回は、手の骨をさわってみよう!骨の解剖学ボディイメージをつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で骨を見ただけだと、なんだか実感がわかないし、体のどこにその骨があるのかいまいちわからないよね。

そうだね!でも、自分の体で触わって感じることで、骨に対してのリアリティが一気に高まるからしっかり触っていこうね!

手はたくさんの骨があつまってできています。

手首側は8個の小さな骨が集まっていて、その先の骨は細長いかたちをしています。

手の甲部分は皮膚上からみると板のようにひとかたまりに見えますが、甲の中は指と同じように細長い骨でできています。

指の骨をイメージしながら、1本ずつさわってみましょう。

指をそらすと、指を伸ばす筋肉についているスジが浮き上がってきます。

これは骨ではないので、さわるときに間違えないように注意しましょう。

手の骨のかたちをイメージするとさわりやすくなるので、手の骨がイメージできない人は、まずは、手の骨をみて、しっかりイメージしながらさわってみましょう。

骨をさわるときのポイント

・骨のでっぱりや輪郭をさわる

・骨と筋肉の違いを感じる

手の骨はさわれたかな。次は太ももについている大腿骨の解剖学ボディイメージをつくっていくよ!まずは、大腿骨の場所と形を知ることが大事だから、しっかり大腿骨を見てみよう!