体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

中殿筋(ちゅうでんきん)の作用を見てみよう!

前回の記事ー「中殿筋の起始停止を見てみよう!

今回は、中殿筋の作用を見てみるよ。

中殿筋の作用は2つに分けてみると分かりやすいよ!

筋肉の作用をみるときのポイント
  1. どの骨のどこについているか(起始停止)
  2. またいでいる関節

中殿筋の起始停止は骨盤の外側面と大腿骨の外側だったよね。

そうだね。そして、またいでいる関節は、骨盤と大腿骨のつなぎ目の股関節なんだ。

中殿筋の作用は、この筋肉が収縮して骨盤と大腿骨をひっぱった時に股関節がどう動くかを考えるといいんだ。

中殿筋の作用 :股関節を外に開く

1つ目の作用は、下のイラストの右の中殿筋の作用だよ。股関節を外に開く作用になるよ。

イラストをしっかり見て、中殿筋の作用を確認してみましょう。

なるほど、股関節を外に開く作用だね。もう1つはどんな作用なの?

もう1つの作用もとても大切な作用なんだ。右の股関節を外に開くと、片足立ちになるよね。この時、左の股関節がグラグラしないように安定させてくれているのも、中殿筋なんだよ。

ということは、両方の中殿筋が働いてるってことなの?

中殿筋って働きものなんだね。僕も見習わないと…。

そうだね、中殿筋は働き者なんだよ!!よーし、それじゃ、次はどんな動きで中殿筋を使っているか、を見てみようね。