体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

腰方形筋(ようほうけいきん)の起始停止を見てみよう!

今回から腰方形筋について学んでいくよ。この筋肉を知ることで、腰にトラブルが起きた時に、腰を解剖学にそって観察したり分析したりすることができるようになるよ。

腰方形筋ってどこについている筋肉なの?

腰方形筋ってどんな形なの?

腰方形筋は腰についている筋肉の1つで、形は長方形なんだよ。

腰についている長方形の形をしている筋肉だから、腰方形筋っていうんだね。

そうだよ。筋肉の形が名前の由来になっている筋肉だね。

まずは、腰方形筋の起始停止を見てみよう!

起始:骨盤の上側
停止:一番下の肋骨と腰椎の側面

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと


イラストを見ながら、腰方形筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり腰方形筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

しっかり見て、イメージできるようになったら、次は腰方形筋の作用を考えてみよう!

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

えーと、腰方形筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

そうそう、答えを見る前にそんな感じでまずは自分で考えてみることが大事だよ。

この骨とこの骨が近づくから….えーと…

よし、それじゃ、次は腰方形筋の作用を一緒に見てみよう!


腰方形筋の作用のヒント

腰方形筋は腰椎の側面についてるから、左右のどちらか片方だけ働くと、横方向に背骨を動かすよ