体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

前鋸筋(ぜんきょきん)の起始停止を見てみよう!

今回から肩甲骨についているインナーマッスル、前鋸筋について学んでいくよ。この筋肉は、猫背のような姿勢や腕の動きに関係するとても大切な筋肉だよ。筋肉を知れば、解剖学で問題の原因を観察したり分析したりしながら、安全で効率的に姿勢の改善や動きのパフォーマンスを高めることができるようになるよ。

猫背にも関係するのね。憧れのシュッとしたいい姿勢!絶対知りたい筋肉だわ。前鋸筋ってどんな筋肉なの?早く教えてよ。

お姉ちゃん、今回、いつもより気合い入ってるね。

前鋸筋は肩甲骨についている3つのインナーマッスルの1つで、ノコギリみたいな形をしているよ。

ノコギリ筋。なんかカッコいいね。

よく知ってる物と関連付けて形を覚えると忘れにくくなるよ。

まずは、前鋸筋の起始停止を見てみよう!

起始:第1~9の肋骨側面

停止:肩甲骨の内側

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと


イラストを見ながら、前鋸筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり前鋸筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

しっかり見て、イメージできるようになったら、次は前鋸筋の作用を考えてみよう!

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

前鋸筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

そうそう、答えを見る前にそんな感じでまずは自分で考えてみることが大事だよ。

えーと…、イラストで見ると簡単そうだけど、自分の体で考えようとすると、筋肉って途端にどこについてるかイメージできなくなるわね…

確かに、最初はなかなかイメージするのは難しいよね。それじゃ、次の記事で前鋸筋の作用を一緒に見てみよう!

前鋸筋の作用のヒント

肩甲骨は肋骨の背中側に位置していて、肋骨上をいろんな方向にスライドできるしくみになっているよ