体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)の起始停止を見てみよう!

今回は前腕部分についている前腕屈筋群を学ぶよ。前腕屈筋群というのは、前腕についているたくさんの筋肉の総称だよ。前腕部分にはたくさんの筋肉がついていて、1つ1つ学ぶと難しくなるので、前腕の手のひら側についている筋肉をまとめて学んでいくよ。

【前腕屈筋群はこんな筋肉のあつまり】

●橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)
●尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)
●浅指屈筋(せんしくっきん)
●深指屈筋(しんしくっきん)
●長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)
●筋長掌筋(ちょうしょうきん)

たくさんの筋肉だから、「群(むれ)」ってことね。股関節内転筋群(こかんせつないてんきんぐん)の時にも群がでてきたよね。あれと同じことね。

そうだね。よく覚えていたね。筋肉の勉強に慣れてきたら、また個別に筋肉を覚えるといいよ。それじゃ、前腕屈筋群の起始停止を見てみよう!

起始:上腕骨内側の肘側、前腕骨前面
停止:手・指のひら側

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

この筋肉は、起始が、手のひら側から見た時、肘の外側ではなく内側に集まっているのが特徴だよ。

イラストを見ながら、前腕屈筋群の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり前腕屈筋群を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

しっかり見て知って、イラストを見なくても筋肉をイメージできるようになっておこうね。

それじゃ、次は前腕屈筋群の作用を考えてみよう!。

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

前腕屈筋群は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事!繰り返しイメージするうちに、イメージ力が高まって、だんだんと自然に筋肉をイメージできるようになってくるよ。イメージ力は、見えない体の中を解剖学で見える化する時に必ず必要な力なんだよ。

前腕屈筋群の作用のヒント

前腕屈筋群は、肘の内側から手のひらにかけてついていて、またいでいるのは手関節や指の関節だよ