体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

前腕伸筋群(ぜんわんしんきんぐん)をみてみよう!

今回は、前腕伸筋群をみてみよう。

筋肉の解剖学ボディイメージをつくるためには、まずは、イメージできるようになりたい筋肉をしっかり見て、その筋肉の場所と形を知ることが最初のステップになるよ。

筋肉って体の外からは見えないからね。場所や形を知らないとイメージできないよね。まずは、その筋肉をしっかり見て、場所と形を知ることが大事なんだね。

今回は、前腕伸筋群をみてみましょう。

前腕から手には、たくさんの筋肉があるので、それらの筋肉のうちの手の甲側についている筋肉をまとめて前腕伸筋群といっています。

前腕伸筋群の肘側は、肘の親指側に集まっているのが特徴で、そこから手や指先にかけて放射線状にひろがるようについています。

一つ一つの筋肉を最初からイメージするのは大変なので、まずは前腕伸筋群としてのあつまりでイメージできるようになりましょう。

この筋肉の裏側(手のひら側)には前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)という、この筋肉の反対の役割をする筋肉がついているので、セットで覚えておきましょう。

次は、前腕伸筋群の解剖学ボディイメージをもっとリアルにするために、自分の体で前腕伸筋群を触ってみよう!