体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

外腹斜筋(がいふくしゃきん)と内腹斜筋(ないふくしゃきん)をさわってみよう!

今回は、外腹斜筋と内腹斜筋を触ってみましょう。筋肉の解剖学ボディイメージつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で見ただけだと、実感がわかないし、体のどこについているのかいまいち分からないよね。

腹直筋はお腹のまんなかに縦についてる筋肉だよ。

この筋肉の場所や形がイメージできない人は、まずは外腹斜筋と内腹斜筋の場所と形を確認してから触ってみようね。

今回は、外腹斜筋と内腹斜筋をさわってみましょう。

外腹斜筋と内腹斜筋はウエスト部分についています。

お腹をまるめる作用がありますが、左右の片側だけを使うと骨盤を上にひきあげるような動きになります。

このとき、背中側ではなくお腹側を意識しましょう。

骨盤が椅子の座面から浮き上がるくらいひきあげると、腹斜筋が活躍します。

イラストのようにウエストに手をあてて、これらの筋肉が硬くなるのをさわって確認してみましょう。

腹斜筋は、腰痛や姿勢との関係が深い筋肉なので、しっかり触れるようになっておくとマッサージやストレッチのようなコンディショニングをするときにとても役立ちます。

筋肉をさわることができるようになると、筋肉のこりやはりなどの筋肉の状態も把握がしやすくなります。

筋肉の状態は人それぞれです。

いろいろな人の筋肉をさわることで、教科書をみるだけではわからない個人差もわかるようになってきます。

次は、お尻のまるみをつくっている筋肉、大殿筋(だいでんきん)の解剖学ボディイメージをつくっていこう!最初のステップは、大殿筋をしっかり見て、イメージ力の元になる大殿筋の場所と形を知ることから始めていくよ!