体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)をみてみよう!

今回は、上腕三頭筋をみてみよう。

筋肉の解剖学ボディイメージをつくるためには、まずは、イメージできるようになりたい筋肉をしっかり見て、その筋肉の場所と形を知ることが最初のステップになるよ。

筋肉って体の外からは見えないからね。場所や形を知らないとイメージできないよね。まずは、その筋肉をしっかり見て、場所と形を知ることが大事なんだね。

上腕三頭筋は二の腕の後ろ側についている筋肉です。

二の腕裏はプニプニしていることが多いですが、このプニプニの奥についています。

肩関節と肘関節をまたいでついていて、主に肘関節をのばす作用があります。

筋肉が3つに分かれているので、それが名前の由来となっており、上腕三頭筋とよばれています。

この上腕三頭筋の反対側には、上腕二頭筋(じょうわんにとうきん)という筋肉がついています。

この筋肉は肘をまげる筋肉になるので、セットで覚えるといいです。

次は、上腕三頭筋の解剖学ボディイメージをもっとリアルにするために、自分の体で上腕三頭筋を触ってみよう!