体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

脛骨(けいこつ)をさわってみよう!

今回は、脛骨をさわってみよう!骨の解剖学ボディイメージをつくるためには、自分の体で触って確かめたり、感じたりすることが大事なんだよ。

本で骨を見ただけだと、なんだか実感がわかないし、体のどこにその骨があるのかいまいちわからないよね。

そうだね!でも、自分の体で触わって感じることで、骨に対してのリアリティが一気に高まるからしっかり触っていこうね!

脛骨は脚を構成する骨の1つで、膝から下のスネとよばれる部分についている骨です。

脚の骨は、太もも部分は大腿骨という1本の大きな骨ですが、膝から下は脛骨と腓骨(ひこつ)という2本の骨に分かれています。

脛骨は、この2本の骨のうち、親指側についています。

スネの内側あたりをさわると、筋肉におおわれていない硬い部分があります。これが、脛骨の前面になります。

筋肉におおわれていないので、とてもさわりやすいです。

膝から足首にかけてこの脛骨をたどってさわってみましょう。

脛骨をたどってさわっていくと、内くるぶしまでさわれます。

この内くるぶしも、脛骨の一部です。

脛骨のかたちをイメージするとさわりやすくなるので、脛骨がイメージできない人は、まずは、脛骨をみて、しっかりイメージしながらさわってみましょう。

骨をさわるときのポイント

・骨のでっぱりや輪郭をさわる

・骨と筋肉の違いを感じる

脛骨はさわれたかな。次はスネの外側についている腓骨(ひこつ)の解剖学ボディイメージをつくっていくよ!まずは、腓骨の場所と形を知ることが大事だから、しっかり腓骨を見てみよう!