体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

肩甲下筋(けんこうかきん)のまとめ

これまで、肩甲下筋について学んできました。

最後はこの筋肉をまとめて見てみましょう。

肩甲下筋の起始停止をみてみよう!

今回はこれまで少しずつ学んだ肩甲下筋をまとめて学んでいくよ。この筋肉を知ることで、肩にトラブルが起きた時に、肩を解剖学にそって観察したり分析したりすることができるようになるよ。

肩甲下筋ってどこについている筋肉なの?

肩甲下筋ってどんな形なの?

肩甲下筋は肩についているたくさんの筋肉の1つで、形は三角形だよ。

ほうほう!前回教えてもらった棘下筋と同じで、肩についている筋肉の1つなんだね。

そうだよ。同じ肩のインナーマッスルの1つなんだ。

まずは、肩甲下筋の起始停止を見てみよう!

起始:肩甲骨の前側
停止:上腕骨の前側

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

肩甲下筋の停止の位置は、棘上筋よりお腹側になります。


イラストを見ながら、肩甲下筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり肩甲下筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

しっかり見て、イメージできるようになったら、次は肩甲下筋の作用を考えてみよう!

用語解説

作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

えーと、肩甲下筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

そうそう、答えを見る前にそんな感じでまずは自分で考えてみることが大事だよ。

この骨とこの骨が近づくから….えーと…

よし、それじゃ、肩甲下筋の作用を一緒に見てみよう!

肩甲下筋の作用

肩甲下筋の作用が分かるようになると、肩の動きを見たときに筋肉で体の中を観察したり分析したりできるようになるよ。

筋肉の作用をみるときのポイント
  1. どの骨のどこについているか(起始停止)
  2. またいでいる関節

肩甲下筋の起始停止は、肩甲骨の前側と上腕骨の前側だったよね。。

そうだね。そして、またいでいる関節は、肩甲骨と上腕骨のつなぎ目の肩関節なんだ。

肩甲下筋の作用は、この筋肉が収縮して肩甲骨と上腕骨をひっぱったときに肩関節がどう動くかを考えるといいんだ。

肩甲下筋の作用は2つあります。

肩甲下筋の作用 をの1:肩関節から腕を内側にひねる

イラストをしっかり見て、肩甲下筋の1つ目の作用を確認してみましょう。

なるほど、肩甲下筋の作用の1つ目は、肩関節から腕を内側にひねるなんだね。

肩甲下筋の1つ目の作用は分かったかな。次は、2つ目の肩甲下筋の作用を見てみよう!

肩甲下筋の1つ目の作用は、肩関節から腕を外側にひねる、だよね。もう1つは、ちょっと難しいな。

そうだね。ただ、またいでいる関節は、肩甲骨と上腕骨のつなぎ目の肩関節なのは変わらないよ。

1つ目の作用との違いは、この肩甲下筋が骨を引っ張る時に、腕を挙げているいるかどうかなんだ。

肩甲下筋の作用 その2:肩関節から腕をお腹側に動かす

1つ目の作用は、腕を体の横に下げた位置での作用でしたが、2つ目の作用は、腕を肩の高さまで挙げた位置での作用になります。

肩甲下筋はどんな動きで使っていますか?

えーと、肩甲下筋の作用は、肩関節から腕を内側にひねったり、お腹側に動かしたりだよね。

その通り!だから、肩関節から腕を内側にひねったり、お腹側に動かしたりするときは肩甲下筋が肩の中で働いてくれてるんだよ。

肩甲下筋をしっかり使うことで、肩関節の前側がぐらぐらしないように関節を安定させてくれる役割もしています。

例えば、ヨガのこんなポーズの時に、肩の中では肩甲下筋が働いています。

他にも、肩を内側にひねりながら腕を背中にまわす動きなので、背中をかいたり、女性の場合は着替えの時にもこの筋肉は使われています。

この筋肉のおかげで背中がかけるんだね。

だんだんと肩甲下筋ついて分かってきたかな。それじゃ、最後は肩甲下筋を意識しながら実際に動いてみよう!

動きながら筋肉を学ぶことで、解剖学ボディイメージのリアリティが一気に高まるぞ!

肩甲下筋を意識して動いてみよう!

本で筋肉を見て分かったつもりでいても、実際に肩甲下筋を意識しながら動くのはちょっと難しいな…

そうだね。でも、実際に動かしながら筋肉を学ばないと、生活やスポーツのような動きの中で筋肉を意識して使えるようにはならないんだよ。

そうだよね!やってみる!!

頑張れ、姉ちゃん!

最初は、なかなか難しいけど、しっかりイメージしながら動かすことで、だんだんと肩甲下筋を意識して使えるようになるよ。

これまで、肩甲下筋について学んできました。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズやスポーツ、生活の中でも肩をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

この筋肉をイメージしながら腕を肩関節から内側にひねったり、お腹側に動かしたりしてみて下さい。

そして、いつもの感覚や動きがどう変化するかを感じてみましょう。

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

今回は、肩についているインナーマッスルの1つの、肩甲下筋を学んだぞ!

次回の筋肉は、小円筋(しょうえんきん)を学んでみよう!