体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

股関節内転筋群(こかんせつないてんきんぐん)を意識して動いてみよう!

前回の記事ー「股関節内転筋群はどんな動きで使ってますか?

前回は股関節内転筋群がどんな動きで使われているかを見たよね。

今回は股関節内転筋群を意識しながら実際に動いてみよう!

股関節内転筋群の作用は、股関節を閉じたり、股関節を前に曲げたり、後ろに伸ばしたりする作用だったよね。

しっかり、筋肉をイメージして自分の体に意識を向けながら動いてみよう!

なんとなく腕を動かしている時と股関節内転筋群を意識して動いてる時では、感じ方や動き方が変わってくるよ。

股関節内転筋群を意識して使うと、なんかいつもより股関節が安定するわね!

ほんとだ!体のキレがシュッとして、バッとなるね。

トレーニングの時、鍛えたい筋肉を意識できるとトレーニング効果もアップするよ。他にも、正しく筋肉を使えると怪我の予防にもなるよ。そのためにも、言葉で覚えるだけでなく、実際に動きながら筋肉を学ぶことが大事だよ。生活やスポーツで解剖学を使えるようにするためには、学び方がとっても大事なんだよ。

これまで、股関節内転筋群について学んできました。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズやスポーツ、生活の中でも股関節をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

この筋肉をイメージしながら股関節を動かしてみましょう。

そして、いつもの感覚や動きがどう変化するかを感じてみましょう。

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

これまで何回かにわけて股関節内転筋群を見てきたので、記憶を深めるために最後は股関節内転筋群のまとめでおさらいをしましょう。