体験型『リアル解剖学講座』の申込・スケジュール

内腹斜筋(ないふくしゃきん)のまとめ

これまで、内腹斜筋について学んできました。

最後はこの筋肉をまとめて見てみましょう。

内腹斜筋の起始停止をみてみよう!

前回の腹横筋でもまあまあイメージするの大変だったから、今回も正直少しビビるわね。確か、腹筋は4つもあるんだったよね。そして、ミルフィールのように重なってついている。

おっ、さすが食いしん坊姉ちゃん!ミルフィールネタは忘れてなかったね。

よく覚えてたね。内腹斜筋は、前回学んだ腹横筋より表面についている筋肉なんだ。それじゃ、内腹斜筋の起始停止を見てみよう!

よーし。頑張ろう!!

お腹についている筋肉は大きくて、いろんな部位についているから、起始停止も複雑だ。最初は、大まかに筋肉全体の形や起始停止をつかんでみよう。

起始:骨盤、腰の膜
停止:肋骨(10~12番目)、お腹の膜

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

イラストを見ながら、内腹斜筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり内腹斜筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

腹筋は、この内腹斜筋以外に、

・腹横筋(ふくおうきん)

・腹直筋(ふくちょくきん)
・外腹斜筋(がいふくしゃきん)

と、全部で4つもあります。


これらの筋肉は、また別にそれぞれ、じっくり学んでいきましょう。

内腹斜筋は、骨盤と肋骨の間をコルセットのように包み込むようについているよ。

あれっ、コルセットみたいにお腹についているって、腹横筋の時も言ってたよね。

そうだね。腹横筋と内腹斜筋はついている部位がとても似ているんだ。

さっきは、内腹斜筋をお腹側から(前)見たね。次は横から内腹斜筋を見てみるよ。

骨や筋肉は、いろんな方向から見ることで、立体的にイメージができるようになるんだ。

横からみると、この筋肉もお腹と腰をコルセットみたいに包みこんでいるのがよく分かるよね。しっかり見て、イメージできるようになったら、次は内腹斜筋の作用を考えてみよう!

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

腹横筋と似たところについているなら、作用も腹横筋と同じになるんじゃないの?

確かに似ているけど、筋肉は筋肉の線維の方向に伸びたり縮んだりする性質があって、この2つの筋肉は線維の方向が違うから、作用もちょっと違ってくるんだ。

よーくイラストをみると腹横筋は、横方向の線が描いてあるわね。それに対して、内腹斜筋は前から見ると富士山みたいに末広がりの線が描いてあるわ。イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

腹筋は、他の筋肉と違って、骨だけでなく、腱や腰の膜についているから少しイメージがしにくいかな。でも、答えを見る前にそんな感じでまずは自分で考えてみることが大事だよ。

内腹斜筋の作用のヒント

内腹斜筋は、富士山みたいな末広がりの方向に筋肉がついているので、その方向に収縮するよ

内腹斜筋の作用

筋肉の作用をみるときのポイント
  1. どの骨のどこについているか(起始停止)
  2. またいでいる関節

内腹斜筋の起始は骨盤と腰の膜で、停止は肋骨(10~12番目)の外側、お腹の膜…こんなのカンニングしないとよく分からないわ。

最初はカンニングをどんどんしていいよ。間違ったイメージをつくるより、しっかりカンニングして、正しいイメージをつくることが大事だよ。

腹横筋の時もそう言われたから今回は最初からカンニングするつもりだったわ。イメージが間違ってたら筋肉の作用を考えても、間違った動きになっちゃうのよね。

内腹斜筋の作用 その1:お腹を丸める

内腹斜筋の作用は、骨盤と肋骨を近づけるから、下のイラストのように丸める作用なんだ。

イラストをしっかり見て、内腹斜筋の作用を確認してみましょう。

それと、もう1つ覚えててほしいのが、左右の内腹斜筋の片方だけが働いた場合の作用なんだ。

内腹斜筋の作用 その2:体を同側へ体をねじる

両側を一緒に使った場合はお腹を丸める作用で、片方だけだと、お腹をねじる作用になるんだよね。

そうだよ。だんだん分かってきたかな。次はどんな動きで内腹斜筋を使っているかを見てみよう!

内腹斜筋はどんな動きで使っていますか?

よく体幹を鍛えるって言ったりするけど、内腹斜筋は体幹を安定させたり、コントロールしたりする大切な筋肉なんだよ。

例えば、ヨガのこんなポーズの時にも内腹斜筋が働いています。

他にも、野球のバッドを振るために体をねじる時にも活躍しているよ。

そうなんだ。僕もいつも野球をする時に使ってたんだ。

だんだんと内腹斜筋について分かってきたかな。それじゃ、最後は内腹斜筋を意識しながら実際に動いてみよう!

動きながら筋肉を学ぶことで、解剖学ボディイメージのリアリティが一気に高まるぞ!

内腹斜筋を意識して動いてみよう!

最後は内腹斜筋を意識しながら実際に動いてみよう!

内腹斜筋の作用は、お腹を丸めたり、体をねじったりする動きだったよね。

そうだね。実際に動きながら、自分の体で筋肉を感じることで、筋肉の作用を忘れにくくなるよ。

それに、動かしながら筋肉を学ばないと、生活やスポーツのような動きの中で筋肉を意識して使えるようにはならないんだよ。

やっぱり、筋肉をイメージしながら動くのって大変だし、ちょっとめんどくさいわ。

そうだね。実際に動くのは、言葉で覚えるだけの解剖学とは違うからね。でも、解剖学を生活の中で使えるようになるためにはとても大事なことだから必ずチャレンジしてみようね。

これまで、内腹斜筋について学んできました。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズやスポーツ、生活の中でもお腹をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

姿勢をよくしたい時、この筋肉をイメージしながらお腹を動かしてみましょう。

そして、いつもの感覚や動きがどう変化するかを感じてみましょう。

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

今回は、4つある腹筋の1つ内腹斜筋を学んだぞ!

次回は外腹斜筋(がいふくしゃきん)を学んでみよう!

次は3つ目の筋肉ね。素敵なお腹を手に入れるために、最後まで頑張ってみせるわ。