体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

長趾屈筋(ちょうしくっきん)と長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)の起始停止を見てみよう!

今回は長趾屈筋と長母趾屈筋を学んでいくよ。この筋肉は膝下から足の指にかけてついている筋肉だよ。

「趾」の漢字。やっぱりこの漢字を見るとなんだか、難しく感じてしまうわ。前回教えてもらった長趾伸筋筋と長母趾屈筋の時もでてきたよね。

そうだね。「趾」は足の指のことだったよね。読み方は「シ」。指の字の足版って覚えてたらいいからね。だから、長趾屈筋は、足の指の長い筋肉で長母趾屈筋は親指の長い筋肉ってことだよ。

そうそう。そうやって教えてもらって冷静に見ると、そんなに難しくなくなるわ。

それじゃ、長趾屈筋と長母趾屈筋の起始停止を横から見ていくよ。

起始:脛骨、腓骨の後面
停止:足の指の骨
(裏側)

用語解説

起始停止:筋肉がついている部位のこと

イラストを見ながら、長趾屈筋と長母趾屈筋の形と位置を確認しよう。まずは、しっかり長趾屈筋と長母趾屈筋を見て知ることで、この筋肉をイメージできるようになりましょう。

それじゃ、次は長趾屈筋と長母趾屈筋の作用を考えてみよう!。

用語解説

筋肉の作用:筋肉が収縮して骨格を動かすこと

長趾屈筋と長母趾屈筋は、イラストの緑と青の部分についてるから、この筋肉が働くと….

答えを見る前に必ず自分でイメージしながら考えることが大事!繰り返しイメージするうちに、イメージ力が高まって、だんだんと自然に筋肉をイメージできるようになってくるよ。イメージ力は、見えない体の中を解剖学で見える化する時に必ず必要な力なんだよ。

次は長趾屈筋と長母趾屈筋の作用を見てみよう!

長趾屈筋と長母趾屈筋の作用のヒント

長趾屈筋と長母趾屈筋は下腿の前面から足の指の骨についていて、またいでる関節は足関節と足の関節だよ。