体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

肩甲下筋(けんこうかきん)はどんな動きで使ってますか?

前回の記事ー「肩甲下筋の作用を見てみよう!

前回は肩甲下筋の作用を見たよね。今回は、どんな動きのときに肩甲下筋が使われているかを見てみよう!

肩甲下筋の作用は、肩関節から腕を内側にひねったり、お腹側に動かしたりだったよね。

その通り!だから、肩関節から腕を内側にひねったり、お腹側に動かしたりするときは肩甲下筋が肩の中で働いてくれてるんだよ。

肩甲下筋をしっかり使うことで、肩関節の前側がぐらぐらしないように関節を安定させてくれる役割もしています。

例えば、ヨガのこんなポーズのときに、肩の中では肩甲下筋が働いています。

他にも、肩を内側にひねりながら腕を背中にまわす動きのときも肩甲下筋が使われています。背中をかいたり、女性の場合は着替えの時によく行う動きです。

この筋肉のおかげで背中がかけるんだね。

だんだんと肩甲下筋について分かってきたかな。それじゃ、最後は肩甲下筋を意識しながら実際に動いてみよう!

動きながら筋肉を学ぶことで、解剖学ボディイメージのリアリティが一気に高まるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA