体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

内腹斜筋(ないふくしゃきん)はどんな動きで使ってますか?

前回の記事ー「内腹斜筋の作用を見てみよう!

今回は、どんな動きの時に内腹斜筋が使われているかを見てみよう!

内腹斜筋の作用は、お腹を丸めたり、体をねじったりする作用だったよね。

そうだね。よく体幹を鍛えるって言ったりするけど、内腹斜筋は体幹を安定させたり、コントロールしたりする大切な筋肉なんだよ。

例えば、ヨガのこんなポーズの時にも内腹斜筋が働いています。

他にも、野球のバッドを振るために体をねじる時にも活躍しているよ。

そうなんだ。僕もいつも野球をする時に使ってたんだ。

だんだんと内腹斜筋について分かってきたかな。それじゃ、最後は内腹斜筋を意識しながら実際に動いてみよう!

動きながら筋肉を学ぶことで、解剖学ボディイメージのリアリティが一気に高まるぞ!

棘上筋(きょくじょうきん)を意識して動いてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA