体験型《 解剖学講座 》の申込・スケジュール

内腹斜筋(ないふくしゃきん)を意識して動いてみよう!

前回の記事ー「内腹斜筋はどんな動きで使ってますか?

前回は内腹斜筋がどんな動きで使われているかを見たよね。

今回は内腹斜筋を意識しながら実際に動いてみよう!

内腹斜筋の作用は、お腹を丸めたり、体をねじったりする動きだったよね。

そうだね。実際に動きながら、自分の体で筋肉を感じることで、筋肉の作用を忘れにくくなるよ。

それに、動かしながら筋肉を学ばないと、生活やスポーツのような動きの中で筋肉を意識して使えるようにはならないんだよ。

やっぱり、筋肉をイメージしながら動くのって大変だし、ちょっとめんどくさいわ。

そうだね。実際に動くのは、言葉で覚えるだけの解剖学とは違うからね。でも、解剖学を生活の中で使えるようになるためにはとても大事なことだから必ずチャレンジしてみようね。

これまで、内腹斜筋について学んできました。

この筋肉を意識しながら使えるようになると、ヨガのポーズやスポーツ、生活の中でもお腹をコントロールしやすくなります。

最初はなんとなくでもかまいません。

姿勢をよくしたい時、この筋肉をイメージしながらお腹を動かしてみましょう。

そして、いつもの感覚や動きがどう変化するかを感じてみましょう。

自分の体で、筋肉を感じながら学ぶことで、リアリティを感じる解剖学ボディイメージができてきます。

1つ1つの筋肉をゆっくり学んで、少しずつ解剖学ボディイメージをつくっていきましょう。

これまで何回かにわけて内腹斜筋を見てきたので、記憶を深めるために最後は内腹斜筋のまとめでおさらいをしましょう。